スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

NICCOROGASHIの表紙が出来るまで① 〜骨組み編〜

鍵椿です。今回から3回に渡り夢幻の新刊、NICCOROGASHIの表紙が完成するまでの過程をまとめたメイキングをご紹介します。

企画自体が始まったのは去年の夏頃。今回は護魔ではなく私鍵椿が企画を担当しました。全体的なコンセプトは明るく、分かりやすく。表紙も親しみやすいデザインにしたいと思い、普通にありそうな同人誌の表紙を目指す事にしました。今回もいつも通り表紙は私と護魔とmidUKIの3人で共作したかったので、まずは護魔さんに全体的なイメージを考えてもらう事にしました。

コンセプトを伝えて数日、2枚の候補を考えてきてくれました。

デザイン案1 画/護魔
1枚目

デザイン案2 画/護魔
2枚目

どちらも捨てがたいですが、今回は全体的にすっきりまとまっている2枚目の案を採用する事にしました。ここから更に話し合いを進め、より良いデザインに変えていきます。この時点ではまだ漫画形式であること意外ほとんど何も決まっていませんでした。本編の全体像も考えながら表紙デザインを練っていきます。

漫画のコマを追加

本編の漫画のコマをいくつかサンプルで載せるという案が出ました。こんな感じかな。コマの部分はボツになったほうの表紙案から仮で引用しました。でもこれだと画面全体で焦点を見失います。もう少し疎密感を出したいですね。

漫画のコマを縮小

コマ部分を縮小。余白が出来た事で画面がすっきりしました。タイトルはまだ決まっていなかったため、仮で「東方大衆向」という漢字のタイトルが付けられています。この頃はメンバーの間で作品の企画自体が「東方の大衆向け」と呼ばれていました。

漫画のコマを散らす

コマの部分はもっと動きを付けた方が良いのではないか、という事で大きさや角度をバラバラにしてみました。画面全体に動きが出て軽やかな印象になりました。

霊夢にデジカメを持たせる

コマがバラバラになった事で、1枚1枚が写真のように見えます。そこで霊夢にカメラを持たせ、撮影した写真が舞っているという演出にしました。東方の世界観を考えると、本来は旧型のカメラのほうが合う気がしますが、ここはあえてデジカメにすることでカジュアルな印象にしました。この時点でタイトルがほぼ決定したので変更されています。この頃は頭に「東方」がついています。

ちなみにタイトルの表記にはいくつか案がありました。
NIKKOROGASHI
NICKOLOGASHI
NICCOLOGASHI
などです。いずれにしても日本語の「煮っ転がし」をアルファベット表記にして一瞬英語っぽく見せるという狙いは共通しています。最終的には"K"よりも"C"の方が丸くてコロコロした印象なのでなるべく多く使う事になりました。まだタイトルが未定の頃、護魔さんが「煮っ転がし」と言った際は「これだ!」と思いましたね。個々の食材が一つにまとまった様はまさに今回の企画内容にふさわしいです。響きも可愛い。

下書きの完成

頭の「東方」が無いほうがカジュアルであり、アルファベット表記に統一できます。なにより"東方"である事は見れば分かる、という事で結局頭の「東方」は排除されました。煮っ転がし感を出すために仮で文字をバラバラに配置し、下書きが完成しました。

次は下書きを元にmidUKIに線画を依頼します。

続きはまた次回。

次へ
[ 2012/04/11 19:44 ] 同人情報 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://mugenhome.blog.fc2.com/tb.php/50-ce182a12











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。