スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

いつまでもかぜがさむい

4.15をもって久々の即売会出展を果たしました。
4.15をもってmidUKIは長期の活動休止に移行しました。
4.15をもって新メンバーが加入しました。

今後我々にとって4.15は特別な日になることでしょう。

即売会にお越しいただいた方々、どうもありがとうございました。
新体制の夢幻をどうぞよろしくお願いします。
スポンサーサイト
[ 2012/04/17 00:35 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

いよいよ当日

鍵椿です。

いよいよ本日、秋田で即売会のイベントが行われます。私は遠く離れた地に住んでいるので行きたくても行けないのですが、護魔とmidUKIは合流して一緒に参加するそうです。

詳細はこちらから護魔の記事を参照してください。

先日完成の発表をしたNICCOROGASHIを初め、護魔の小説などいくつか出品します。会場に訪れた方でこの記事を読んでいる方がいらっしゃいましたらこの場を借りてお礼を申し上げます。ご購入頂いた方はもちろん、作品を手に取って頂いただけでも嬉しいです。いや、見かけたよっていう程度でも嬉しいですよ本当に。

私は会場の雰囲気を感じる事は出来ませんが、今から当日の様子の報告を聞くのが楽しみです。とりあえず自宅待機。
[ 2012/04/15 01:31 ] お知らせ | TB(0) | CM(0)

NICCOROGASHIの表紙が出来るまで③ 〜レイアウト編〜

前々回
前回

鍵椿です。

前回まででキャラクター部分が完成したので、ここからは背景やレイアウトの作業です。

線画がmidUKI、塗りやレイアウトが鍵椿なので、護魔の要素を入れていきます。護魔さんにはお得意の背景を依頼しました。背景と言っても今回はちょっと特殊な使い方をするので、一枚絵ではなくパターン化した物をいくつか描いてもらいます。

背景パターン 画/護魔

出来上がった物がこちらの4パターン。画面全体の事を考えると少し少ないので、護魔さんの過去の作品からもいくつか引用します。

背景引用元の絵 画/護魔

引用に使ったのがこちらのアナログ画。過去に夢幻の携帯サイトのトップ絵に使った物ですが、素晴らしい背景の要素が沢山詰まっています。ここから使えそうな部分を部分を切り貼りします。

背景パターンを合成

そうして沢山の背景パターンを寄せ集め、1枚のこのような背景にします。なんとなく和風な雰囲気でこれだけ見ても面白いですね。

ドット柄に加工

色を付け、ドット柄に加工します。これで背景の完成。さりげなくもしっかり存在感のある背景になりました。

レイアウト

霊夢や文字などをレイアウトしていきます。この際霊夢に白い輪郭線や影を付けます。

この頃、タイトルを「NICCO"L"OGASHI」から「NICCO"R"OGASHI」に変更しました。理由は、"L"よりも"R"の方が丸みがあって煮っ転がし感を出せるからです。

タイトル書体を作成

オリジナルのタイトル書体を作成します。煮っ転がしらしくなるように既存の書体を加工してカクカクゴツゴツコロコロにしていきます。

仮で完成

出来上がった書体と本編の漫画のコマを配置します。漫画のコマはプリントした写真をイメージしているので、影を付けて浮いているような表現にしました。また、カメラの上部辺りの空間が少し寂しかったので、シャッターを切る効果を現す表現を加えてみました。空間に締まりが出たと思います。また書体には煮詰めた野菜をイメージした色を付けました。それぞれなんの野菜に見えますか?

ここで一旦表紙の作業から離れます。同じ作業をずっと続けていると新鮮な気持ちで見る事が出来なくなってしまうからです。

一応完成

もう一度見返してみるとタイトル書体にもう少し面白みが欲しいと感じました。また、気持ち左より過ぎる印象と、文字が小さい印象を受けました。そこで文字のサイズを少しだけ拡大し、文字にばらつきを出してみました。全体的に動きのある構図なので、こうすることでよりにぎやかな印象になりました。ほぼ全てのパーツが動き回っているので、左右の赤いラインでバランスを取っています。これで一応完成です。

Before-After

完成品を護魔さんに見せたところ、瞳の塗り方を変えると更に良くなる気がすると言われました。2人で試行錯誤の上、右目の瞳の塗り方を少しだけ変更しました。

よくわかる比較

アニメーションで見ると分かりやすいと思います。
塗り直した方が瞳に奥行きが出て良くなりましたね。

完成!

ということで、これにて表紙の完成です。おつきあい頂きありがとうございました。そして協力してくれた護魔さんとmidUKIさんもありがとう。

メイキング
おまけ メイキングアニメーション
[ 2012/04/14 20:28 ] 同人情報 | TB(0) | CM(0)

NICCOROGASHIの表紙が出来るまで② 〜肉付け編〜

前回

鍵椿です。

線画 画/mudUKI

前回の続き。midUKIさんに原画を元に線画を描いてもらいました。原画があったとはいえmidUKIさんらしさが加わった丁寧な線画です。これを元に、ここからは私鍵椿の作業です。

線画に色を付けました

全体の印象を明るくするため、そしてイラストの完成度を上げるために線に色を付けます。

全体的な色調を決めます

次に色塗り。背景と霊夢の色調が浮いてしまわないように、大雑把に完成時の背景の色を置いておきます。試行錯誤の上、これがほぼ最終的な色調です。

線画が黒一色だった場合

ちなみに線画が黒一色だとこんな感じです。今回のコンセプトを考えるとちょっと重いですね。

影を付けました

影を付け、目に仮の色を入れます。この時点で目の位置を調整。下書きや線画では斜め下を向いている表現でしたが、カメラを向けてこっちを向いている表現に変更しました。また、この時点ではデジカメの色は決まっていません。

デジカメを描画

ここでデジカメを描きます。デジカメは人工物なので線のゆがみが無いよう正確に描画します。

ハイライトを入れるなど更に描き込み

完成したデジカメを合成し、さらに霊夢を描き込みます。髪にハイライトを入れ、瞳の塗り方も変更します。デジカメはピンク系と迷った挙げ句、主張しすぎないように無難なシルバーにしました。これでほぼ完成です。この頃他の作業に移ったため、この状態でしばらく放置していました。

霊夢部分完成

先程の状態で完成でも良かったのですが、より華やかにするためレースや模様を追加します。レースの部分は描き足しではなく既存のものを切り貼りしました。これで霊夢の完成です。

今回はここまで。次回は背景などを加えて画面のレイアウトを決めて行きます。

次へ
[ 2012/04/13 18:32 ] 同人情報 | TB(0) | CM(0)

NICCOROGASHIの表紙が出来るまで① 〜骨組み編〜

鍵椿です。今回から3回に渡り夢幻の新刊、NICCOROGASHIの表紙が完成するまでの過程をまとめたメイキングをご紹介します。

企画自体が始まったのは去年の夏頃。今回は護魔ではなく私鍵椿が企画を担当しました。全体的なコンセプトは明るく、分かりやすく。表紙も親しみやすいデザインにしたいと思い、普通にありそうな同人誌の表紙を目指す事にしました。今回もいつも通り表紙は私と護魔とmidUKIの3人で共作したかったので、まずは護魔さんに全体的なイメージを考えてもらう事にしました。

コンセプトを伝えて数日、2枚の候補を考えてきてくれました。

デザイン案1 画/護魔
1枚目

デザイン案2 画/護魔
2枚目

どちらも捨てがたいですが、今回は全体的にすっきりまとまっている2枚目の案を採用する事にしました。ここから更に話し合いを進め、より良いデザインに変えていきます。この時点ではまだ漫画形式であること意外ほとんど何も決まっていませんでした。本編の全体像も考えながら表紙デザインを練っていきます。

漫画のコマを追加

本編の漫画のコマをいくつかサンプルで載せるという案が出ました。こんな感じかな。コマの部分はボツになったほうの表紙案から仮で引用しました。でもこれだと画面全体で焦点を見失います。もう少し疎密感を出したいですね。

漫画のコマを縮小

コマ部分を縮小。余白が出来た事で画面がすっきりしました。タイトルはまだ決まっていなかったため、仮で「東方大衆向」という漢字のタイトルが付けられています。この頃はメンバーの間で作品の企画自体が「東方の大衆向け」と呼ばれていました。

漫画のコマを散らす

コマの部分はもっと動きを付けた方が良いのではないか、という事で大きさや角度をバラバラにしてみました。画面全体に動きが出て軽やかな印象になりました。

霊夢にデジカメを持たせる

コマがバラバラになった事で、1枚1枚が写真のように見えます。そこで霊夢にカメラを持たせ、撮影した写真が舞っているという演出にしました。東方の世界観を考えると、本来は旧型のカメラのほうが合う気がしますが、ここはあえてデジカメにすることでカジュアルな印象にしました。この時点でタイトルがほぼ決定したので変更されています。この頃は頭に「東方」がついています。

ちなみにタイトルの表記にはいくつか案がありました。
NIKKOROGASHI
NICKOLOGASHI
NICCOLOGASHI
などです。いずれにしても日本語の「煮っ転がし」をアルファベット表記にして一瞬英語っぽく見せるという狙いは共通しています。最終的には"K"よりも"C"の方が丸くてコロコロした印象なのでなるべく多く使う事になりました。まだタイトルが未定の頃、護魔さんが「煮っ転がし」と言った際は「これだ!」と思いましたね。個々の食材が一つにまとまった様はまさに今回の企画内容にふさわしいです。響きも可愛い。

下書きの完成

頭の「東方」が無いほうがカジュアルであり、アルファベット表記に統一できます。なにより"東方"である事は見れば分かる、という事で結局頭の「東方」は排除されました。煮っ転がし感を出すために仮で文字をバラバラに配置し、下書きが完成しました。

次は下書きを元にmidUKIに線画を依頼します。

続きはまた次回。

次へ
[ 2012/04/11 19:44 ] 同人情報 | TB(0) | CM(0)









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。